2007年07月23日

今更ですが

引越ししました。

もうずいぶんと前の話なんですが。
いい加減放置プレーやめようかな、と。

新しいブログは こちら



続きを読む
posted by 乙女 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

一言

『自分の考えたとおりに生きなければならない。
そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう』



フランスの小説家、ブールジュの言葉です。





posted by 乙女 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤西仁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

もうすぐもうすぐ

人生初ノジャニコン、アリーナ席が当たりました。
24日札幌での関ジャニ∞コン。

ドキドキドキドキ・・・・(*/∇\*)
どうしましょう。
どうしたらいい?

すばるの生歌がーーーーーーー( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
やっと聞けるんです。

しかーし。
一つ問題が。
身内でチケットだぶついてしまった・・・

そこで募集。
24日の11時公演。
残念ながら外れてしまったという方がいらっしゃいましたら、
是非ご連絡を。
posted by 乙女 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ジャニ∞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

一ヶ月前のことですが・・・・

横浜アリーナ行って来ました。
地元で外れてしまった嵐コンに、
お友達を道連れで参戦。

良かった・・・
もう何もいうことはない。
やっぱり嵐、サイコー

ちょこちょこと書いているレポもいつ出せるかどうか・・・・

このまま封印してしまいそうだ。
posted by 乙女 at 01:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

乙女のポリシー

このたび覆すことになりました。


ファンクラブには入らない、入りたくないーーって
数年間頑張ってきたけれど、
昨年暮れからの世間の動きを見ていて、
これはファンクラブに入らないと
コンチケ取るのは難しいかな…と。

毎年夏の楽しみ。
これがあるから死ぬほどの残業も耐えられる…といっても
言い過ぎではない。

なのに、チケットが取れなかったら!?


想像したくない…(涙)


本日、会員証届きました。
今回はお友達にチケ手配をすでに頼んでいたので
(地元の嵐コン、初めてお友達と参加するの〜)
安心しているのですが。
横アリ取れるかな〜?
posted by 乙女 at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

祝♪初日本人男性表紙

「!?」

本屋で雑誌を見つけたとき思わずその美しさに息をのんだ。

松本潤という人はある瞬間、
とんでもなく人間離れした美しさを発揮することがある。

外国人モデルを腕に抱きしめてこちらを見据える瞳。
本来なら『いやらしい』雰囲気があってもいい構図なのに、
まったくもってそうは感じさせない。
『男』を感じないというわけではないのだが…

簡単に言えば性別を超越しているのだ。


言葉にするのが難しいとはよく言うが、
最初本当に言葉が出てこなかった。
ボキャブラリーが貧困なのは否めないが。

「マリークレール」買って帰った日。
しばらくベッドの上に正座したまま、
目の前に置いた雑誌をただ黙ってじーっと固まっていた。
はたから見たら異様な光景だとは思うけれど。

この写真大きく引き伸ばしてちょっと後ずさりした位置から
眺めてみたい。
どうして後ずさりするのか。
その『目力』に殺されかねないもん(苦笑)

この松潤はぜひともファンじゃなくても見てほしい。
まだ見てない方は書店に走れーーー




posted by 乙女 at 22:20| Comment(23) | TrackBack(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

独り言

先週うんと年下(苦笑)の従兄弟の結婚式に出席した。

高速に乗って1時間半以上かかる場所だし、
乙女家は親戚付き合いがよろしくないし。
行く気ははじめ全くなかったんだけど…

はっきりいってその父方の親戚は嫌い。
小さい頃散々母がイビラレてるの見てきたのと
従兄弟たちと乙女と妹に対する扱いに歴然とした差を感じてから。
それに、何年か前に祖母が怪我をしたときに
「どうせあんたの仕事はアルバイトでしょ。
とっとと辞めて世話をして」
みたいな発言をされてから、
ますます足が遠のいていた。
世話をする云々の前に、
あたしに世話をさせようとしたのが、
近くにいる娘やその子どもたちは可愛いから面倒なことはさせたくない、
そして乙女の妹はエリートだから、仕事辞めさすわけにはいかないっていうのが
見え見えでその考え方にますます嫌気がさしたのだ。

そんな乙女が何故に結婚式に行こうと思ったのか。

ただ単に着物を着たかったのだ。
仕事仕事で夜遅く帰ってくる生活。
そんな中、夜なべして半衿縫い付けたり、
いろいろ準備してるのがめっちゃ楽しかった…わーい(嬉しい顔)

式&披露宴自体に思い出や感想はないのだが。
たった一つ印象に残った出来事が。

お手洗いか何かで会場から出ていたとき、
カメラを持った数人の女性が近づいてきた。
写してくれってやつかな〜と思っていたら、
話し掛けてきた言葉はなんと英語exclamation×2
えええええええええたらーっ(汗)
学生時代から英語が苦手で苦手で、
それで受験失敗した乙女に英語っダッシュ(走り出すさま)

わけがわからない状態で、
とりあえず「OK,OK」とカメラに手を伸ばしたら、
向こうが「NO!NO!」と。
えええええ、何なん??
と焦る乙女。
すると、一人がにっこり笑って隣に立つのだ。
それでようやく何を言っていたのか理解できた。

「一緒に写って下さい」

乙女はまるで有名人かなにかのように、
彼女たち3人と代わる代わる写真を写すことに。
思わず満面の笑顔で写真にとられた自分が後で思い出すと恥ずかしい。

3人の会話は中国語に聞こえたが、
あの写真はその後どうなったのだろう。
おそらく着物が珍しかったんだろうけど。
それにしても、不思議な出来事でした。







posted by 乙女 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

山P誕生日コン

行ってきました、生亮ちゃんに会いに。
山Pの誕生日当日だってことで、
周囲もメンバーもその話題ばかりでしたね。
MCの最中には
亮ちゃん以外のメンバーがプレゼント渡したり。
亮ちゃんは前の日の晩にシャンパン用意してお祝いしたそうですが。
そのプレゼント、HGのコスプレと
市場で手に入れたっていうタラバガニ。
タラバガニにいたってはドラムセットの前にそのままコンサート終了まで
まるでコンサートを見守るかのように置かれておりました…



・衣装が多い!
最近関ジャニ、関ジャニ∞、嵐、関ジャニ∞…
ってな感じで過去映像とか見まくってるせいか、
こんなに衣装の多いことに
「うわぁ〜、金かかってるなぁ〜」
と素朴に感心。
しかもゴージャス!

・おもいがけず…
小山君がキラキラしていた(苦笑)
一緒に行った友達いわく
「内くんに見えるときがあった…」とのこと。

・みはり!!
みはりといえばヨコ&すばるの組み合わせが最高なんですが、
亮ちゃんのソロもいい!
少クラでやってたよなぁ…
叫ばないあたしが叫びそうになったもの。

・Pちゃんに仁君の幻をみた
衣装がね、赤系のものが多かったのですが、
サマリーでの仁くんの帽子被ってたあの衣装にそっくり。
しかも今、二人とも似たような体型してるし、
帽子被ってると顔がわからんから余計…
「あれ?ここはKAT−TUNコン?」
と思わず思ってしまったとさ。

・幻を見た、第3弾
加藤くんのふとした瞬間の、『目』が…
松潤に見えた(苦笑)
二人ともクリクリした目だからかな?
全体を見たらまったく違うのに…

・暑くないの?
亮ちゃん、汗かいてないように見えたなぁ。
北海道だからかな?
まっすーは最初っから汗が飛び散ってましたが。

・加藤くん&山P自作曲。
どっちがどっちを担当したのかわかりませんが…
こんな歌詞書くんだ…と、意外だった。
ただ…メロディがイマイチ。
さびがさびになってないような…?
この辺はまだまだ勉強して欲しいなと、
率直に書かせていただく。

・まっすーの笑顔
嵐組だったころから印象に残る笑顔の持ち主だとは思いましたが…
この人の笑顔は見てるものの心を心の底から和ませてくれる。
赤ちゃんの笑顔に通じるものを感じる。
どんなに年齢を重ねてもその笑顔を忘れないでくれよ…
と密かにお願いしてました。
でも、そんな和み系の笑顔をしながら、
躍らせると誰よりも激しい。
ダイナミックさでは嵐の大チャンに近いのかな?
あんまりセクシーな振り付けされると、
笑っちゃうのが申し訳ないのですが…
(セクシーとは対岸にいると乙女視点)
肉眼で見れる距離で彼のダンスを見られて良かった。

・ラストでさっさと誰よりも先にひっこんだ…
亮ちゃん〜(苦笑)
特徴ある「ばいばい〜」が聞けたんでよしとしますか。


以上が今回のNEWSコンサート感想です。
正直、もうあまり覚えてない…
NEWSコンといえば
毎回テーマがあってそれに沿った構成をされていたように思うのですが、
今回はこれといったテーマはなかったのかな?
サマリーのダイジェスト的な内容が挟まっていました。
全体的にMCも含めてやたらまったりした雰囲気。
関ジャニ∞でのときよりもNEWSのMCは頑張って喋ってるという亮ちゃんも
この日は殆ど喋ってなかったし…
(ちらほら、毒は聴こえて来ましたが)

初めてのNEWSコンでしたが、
想像していたよりもファンが落ち着いていた。
MCもそんなに叫ぶ人もいなかったし。
やってるほうも見てるほうも全部がまったりしていたのか?
ま、それもいいでしょう。
落ち着いて見ていられるし。




すごく気になって仕方がなかったこと。
やけに「一体感が増した」とか「仲が良い」とか
そういう発言が多い。
それが必死なの。なんだか。
乙女にはその発言が空々しく聞こえて…
確かに、それぞれそういう意識をもってるんだってことは
間違いないのだろうけど…(だよね?)
今、この時期にあえてそういう発言すると
逆効果なような気がします…














posted by 乙女 at 00:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャニーズ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

YOU&Jってなんじゃろな?

休日出勤から先ほど帰ってきました。
働いたぁ。

で、ちょっとだけ…
と思って開いたネット。
飛び込んできたのはこのニュース。

「は…?」

合同って…何?

出費は減るけど…
これで、曖昧な立場からは卒業だけど…

わけわからんもうやだ〜(悲しい顔)

posted by 乙女 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャニーズ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

まだ・・・

購入できておりません。
KAT−TUNデビュー限定BOX。
『音』だけは聞けてるんだけど…
今週〜来週にかけて、ジャニどころではない日々がきます。
結局、倒れたあと検査もしてないし、
まあ、疲れすぎてのストレスだとは思うのだけど。
また、倒れそうでヤだな・・・
posted by 乙女 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

耳を疑う出来事。

久々に毒吐きます。
かなりキツイこと書くと思われますので、
読みたくない方はここでお引き取りください。
読み終わったあとクレーム等は一切書かないでください。
(書かれても申し訳ありませんが削除します)
宜しくお願い致します。


続きを読む
posted by 乙女 at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャニーズ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

デビューカウントダウン

いよいよ明後日ですね。
って、妙に落ち着き払っている乙女ですが、
先日アルバム音源を入手いたしまして、
ちょっとテンションあがったりもしてます。
今まで一部しか聴いたことがなかった曲を
フルで聞いてみるとなんだか不思議な感覚。
ああ、ここはこんな歌詞だったんだ、だとか、
こんなメロディもあったんだとか。
へえ〜ボタン押したい気分。

にしても。
仁くん、亀ちゃん、じゅんのの声ははっきりとわかるんだけど、
他3人の声が…普通に歌われるとわからん(涙)
関ジャニ∞は完璧に聞き分けられるというのに。

曲についての感想は、現物をゲットしてから書こうっと。


悲しい出来事。
デビューに向けてあちこちに露出しまくりのKAT−TUN。
殆どを録画できずにいます。
先週のMステすら!!
顔洗う直前までは「予約録画!」って覚えていたのに、
化粧しだした途端忘れちゃった…
そんな他のこと忘れるほど真剣にメイクしてるわけじゃないのになぁ。
っていうか、ほとんどしてないのに…
ちっくしょー。
posted by 乙女 at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

FTO

昔、そんな車名あったよね…
と、懐かしく思ったこのタイトル。
その車はいつのまにかなくなっちゃったけど、
関ジャニ∞は消えないと確信した。

だって──────────────
このアルバムは…
予想をはるかに越えた出来栄えなんだものexclamation×2

そんなわけで、
ただいま関ジャニ∞熱大盛り上がり中。
posted by 乙女 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 関ジャニ∞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

モモだったあの頃

休日だった昨日。
ご好意で頂いたり、
自分で録画したりで溜まりに溜まったDVDをしまうのに、
ホームセンターでラックを買ってきた。
これもあっという間にいっぱいになるんだろうな…
そしたら今後どうしようと?と悩みつつ、
DVDの整理を。
(ホントどうしよう?昔のビデオとかも
DVDにしちゃいたいのだが…)

HDD&DVDレコーダーを購入した当時、平成15年に録画した、
花マルマーケットが出てきた。
ゲストは松本潤。
きみはペットをやっていた頃ですね。

当時19歳。
細いなぁーーー。
今、なしてか鍛えまくっておりますが、
その頃はたぶん50キロ前後だったかと思われます。
ホントに薄っぺらの身体だった…

「めちゃめちゃ」
が口癖で。
確か当時好きだったけど、ひどくそれが耳障りで、
「なんなのーー」
って叫んでいたような。
だってホントにどんな言葉にもくっつけて話すんだもん。
「めちゃめちゃ」って。

それにしても、綺麗だ。
今更ながらに思うけど。
ファンの欲目というか、絶対贔屓目で見てるのだけど、
その頃の美しさといったら…
今が美しくないというわけではない。
今は今で好きなんだけど、
その頃の美しさは、なんというか、中性的というか(見た目は)
言葉では表現しがたいものがある。

…こりゃもう完全に贔屓目だわ(苦笑)

しかし、早いなぁ。
ファンになって丸4年目。
4年も経てば、見た目も変わるわな…互いに。


posted by 乙女 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

どこもかしこも。

KAT−TUN一色の今日この頃。
どこまでいってしまうんだ?

シングル・アルバム・DVD同時一位が目標とのこと。
確実になるんだろうなぁ。
20万人増の追加コンとか、
正直想像がつかない・・・

ホント、どこまで昇っちゃうの?
posted by 乙女 at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。